主婦になってわかった大変なこと

主婦になってわかった大変なことについて

主婦になってわかった大変なこと

主婦になってみて初めて分かったことを書いていきたいと思います。 主婦になってみないとわからないことがたくさんあると思います。そしてそれは主婦になってみないと理解は出来ないことだと思います。

日常のやりくり

では主婦になるとどのようなことが大変とわかるのかを見ていきましょう。 まずは、毎日料理を作らなくてはいけない所です。 独身時代は、自分が好きな物を作ったり簡単にすませたり、買って来た物を食べたりで済ますことが出来ますが、結婚して主婦になると、そうはいきません。 毎日しっかりご飯を作らなくてはいけません。 そして毎日自分でバランスを考えながらメニューも考えなくてはいけません。

東京暮らしは地代や家賃も高い

東京暮らしは車の維持費がかかるだけはなく、賃貸なら家賃、持家なら不動産税も高いです。これから不動産を売ったり買ったりするなら、イエイ不動産みたいなサイトをみてみると、都内と地方の住まいの価値の違いがわかると思います。 >>イエイ不動産
不動産の価値は、路線価などによって変わってくるものですが、総じて都内は高いす。連動して生活を維持するのにもお金がかかります。

主婦になる前と比べてみると、簡単に済ませることが出来にくくなるのです。これはやはり主婦になってみないとわかることが出来ないと思います。

また掃除についてもそうだと思います。 独身であればいつ片づけても自分の勝手ですし、そして実家住みの人であれば、自分の部屋だけを片づけていればいいと思うので大変なことはないと思いますが、主婦になるとそんなこと言っていられません。 主婦になると毎日掃除機をかけている人もいれば、数日おきに掃除機をかけている人がいると思います。そして掃除機をかける時には、全ての場所を掃除しなくてはいけないのです。 独人時代では、多くの場所を掃除することがないと思うので、多くの場所を掃除するととても大変と感じると思います。

また洗濯物も1人暮らしをしている人でしたら、自分の服だけを洗濯して干せばいいのですが、主婦になると、家族の洗濯物を洗濯して全て干さなくてはいけません。 家族が多いお宅だと干すのが大変だと思います。 また大家族だと1日に2回洗濯物をまわさなくてはいけない家庭もあると思いますから、それを考えるととても大変だと思います。

近所付き合いも大変なことだと思います。 独身であれば近所付き合いをあまり深く考えなくても大丈夫ですし、アパー?に住んでいるのであれば、あいさつ程度で済むと思いますが、住宅を建てて住むとなると、近所付き合いをしなくてはいけなくなるのです。 これからずっと住み続けるのであれば、しっかり近所付き合いをする必要があります。 地域によって行事に種類や数に違いが出ますが、出れるものは半強制的に出なくてはいけなくなります。 またゴミ当番があってり、その地区の班長になってりしなくてはいけなくなるのです。 班長などになると、色々なお宅に行き会話することが増えますので、仲良くしないわけにはいけないのです。 もしずっと住むのに町内の人と仲が悪くなってしまうと、住みづらくなってしまうと思いますので、しっかり仲良くしている方がいつまでも住みやすいままであられると思います。 また仲良くしていれば、もし何か困った時でも助け合うことが出来るのではないでしょうか。

そして自分の子と同じくらいの子がいれば、仲良くなることも出来ますし、学校なども同じになるので、仲良くなってょうが良いと思います。仲良くなると、子育てなどについても相談することが出来ると思うので、すごく助かると思います。

他には、子育てについてです。 これは当たりませですが、子供を妊娠して育てるのは主に母親です。 風邪を引いてしまうと、毎日看病をするのは母親ですし、仕事を休まなくてはいけないのも母親です。 また保育園などの行事がある時も、母親が仕事を休み出席しなくてはいけないのです。 他にも、面倒を見るのはほとんど母親なので、すごく大変なことが多いです。

大変なこともたくさんありますが、その分嬉しいこともあるので、頑張れると思います。

そしてこれらの家事があり、育児もあります。専業主婦であれば、この2つを両立することになります。これだけでも大変なことが多くあります。 また家事・育児にプラスして仕事をしている主婦の人であれば、この3つを両立しなくてはいけないのです。

仕事をしつつ育児と家事をするのはとても大変で、くじけてしまいそうになる人もいると思います。 主婦になって見ないとこれらを理解することが出来ないので、主婦でない人は「楽だろう」「何が大変なんだ」と思ってしまう人がいるのです。 ですが、そんな人も主婦になったらわかることが出来ると思います。 そして子供が出来ると、親のありがたみも知ることが出来るのです。 学生時代や独身の時は、親のありがたみを知ることがあまりなく、親のことを「面倒」「うるさい」「ウザい」と思ってしまう人が多いと思いますが、子供ができ出産して育ててみると、親のありがたみがわかります。

親がどれだけ大変なことをしていたのか、風邪を引いた時に嫌な顔をせずに看病してくれたことなどを思い出すと思います。 そしてそのようなことをしていてくれたことに感謝すると思います。

また子供が産れれば、またサポートしてくれます。これがすごくありがたく助かるのです。 これも家事や育児をしてみないとわかりません。

もし今あなたが親をウザがっていたとしても仕方ないことかもしれません。ですが、主婦になりママになれば必ずわかる時が来るので、今無理にわかろうとしなくてもいいと思います。その時が来たら自然とわかりますよ。

↑ PAGE TOP